第三回、日本酒の種類、ちゃんと覚えよう!

今回は前回、前々回に引き続き
いつもややこしくなってしまう
日本酒の種類について
紹介していきたいと思います。

第1回は純米大吟醸と純米吟醸について、
第2回は大吟醸と吟醸について、
そして今回は「純米酒」と「本醸造」について紹介していきます。

それでは早速純米酒から紹介します。
純米酒はその名の通り米、米麹、水のみで
造られるお酒の種類を指しますが
精米歩合が60%以上のものを指します。

60%以上ということは
他の純米大吟醸や吟醸酒に比べて
透き通りには欠けますが
米によってのバラエティを一番感じやすく
口内で様々な味わいを教えてくれるのは
純米酒です。
簡単に言えば飲んだ瞬間に
違いがわかりやすいのは純米酒ですね。

さて次に本醸造酒です。
こちらは頭に純米と付いていないので
原料としては米、米麹、水、そして醸造アルコールから
造られるお酒になります。
こちらのお酒の精米歩合は
70%以下の日本酒のことを指します。

本醸造酒の特徴は基本的には
スッキリ、淡麗、辛口などの言葉を
用いると簡潔に説明できますね。

醸造アルコールは味を整えてくれる効果が
あるので複雑味の多い日本酒に
バランスを与えてくれます。

太く、そして喉越しスッキリなお酒ですね。

そろそろお気づきの頃かと思いますが
純米大吟醸、純米吟醸、純米酒、
大吟醸、吟醸、本醸造酒と3回にわたって
紹介してきましたが、大きな違いは

「精米歩合」

によって呼称が変わるという点に限ります。
もちろん米の違い、水の違い、
その他製造過程の違いによって
日本酒それぞれの個性というものが
造り出されるのは確かですが
ここさえ押さえておけば
大きなくくりとしての日本酒の味わいの
全体が見えてくるはずです。

なので、
この記事を読んで下さった皆さん
この機会に是非とも自慢とまでは
いかなくともちょっとした小話程度に
使ってください!

次回お楽しみに!

コメントを残す